2008年11月27日

二審敗訴−マイノリティ教育権訴訟

今日午後、大阪高裁でマイノリティ教育権訴訟の控訴棄却判決があった。それは地裁判決での市の裁量を認め、当事者達が受けていたマイノリティ教育支援を法的保護の対象とする利益とまではいえないと断定し、また多文化共生・マイノリティ教育事業が発展的に解消し、現在の国際理解教育事業となっているという市の主張をその中身も充分吟味しないまま丸受けした不当な内容に終始した。

高裁判決は呆気なかった。いくつかの事件を纏めての判決で、ものの数秒の主文朗読で終わった。その内容は控訴棄却だった。あらましをいえば市の裁量を大きく評価し、受益当事者である子ども達の利益を過小評価する内容だった。また以前の多文化共生教育事業の廃止・縮小と、それらを発展的に解消した国際理解教育事業という市のペテン的説明を受けた内容となっているが、以前の事業はマイノリティが主体となったものであり、国際理解教育は全校生徒が対象であり、それは狡猾に対象のすげ替えを行っていることは厚労省人口動態調査 でも述べたことですが、この高槻市も例外でなくピンポイントの支援が望ましい外国人、ダブルルーツの子ども達が増加しており、これは学校教育もさることながら、当事者達が集まる地域子供会や学校子供会の存在は貴重なものだったと思います。

またそういう支援を行う高槻むくげの会 への風当たりも尋常ではない。この提訴に対しては活動拠点として長らく提供を受けていた中学校の空き教室からの立ち退き請求訴訟を受けている。今でも子ども達が出入りし、学習や識字等を行っている教室である。その半面で市は「NPOとの協働」というスローガンを打ち出している。

kyoudou.JPG

またこの子供会活動だが、行政の立ち退きの論拠は「対象となっていた在日当事者の減少」となっているが、実際のところ中国、フィリピン、南米などの多国籍当事者がその多数を占める状態となっており全くの現状無視なのである。そして多国籍、ダブルルーツの子供たちを主人公とした支援活動はきわめて公共性の高い活動となっており、まさに協働で行うべき活動ではないだろうか。このように、「むくげの会」が主体となった活動に対しては異常ともいえる潰しが断行されているのが今の奥本市政の実情である。
posted by Asukal at 19:23| Comment(46) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

大揺れの国籍法改正

婚姻関係にない日本人パートナーの認知のみによって日本国籍取得を認める国籍法改正が揺れている。今のままでは不正取得の横行が憂慮されるというか、まず確実に起こるといって良い。かといってこの改正を潰せば良いというものでもない。やはり不正取得の可能性の芽を予め摘んでおく仕組みを強化することは、当事者にとって残念だが致し方ない。

国籍法改正は閣議決定され、今国会での可決が見込まれるようだが、多数の議員が次期選挙準備の遊説など、いわば騙し討ちに近い内容で充分な審議を行わないまま動いているようだ。ここに来てネット上での反対の動きや一部議員の活動なども報じられている。まずは以下に産経新聞の記事画像を引用したい。

国籍法.JPG
婚姻や出入国に関する法改正はいわば不正とのイタチごっこの歴史である。我が国民にとっては幸せなことに我が国への自由な入国・居住は大多数の外国人にとって大変価値のあることなのだ。その結果として不正入国・滞在が後を絶たず、場合によっては数百万円もの多額の金銭が関連ブローカーに払われるビジネスと化している。で、当然として当局も看過している訳ではない。それは法改正による取り締まりや審査の強化という形を取る。それは当事者(ここでは一貫して、当事者とは真面目かつ真剣な、永住外国人を含む日本人・外国人のカップルとその家族という意味である)にとっては手続きの煩雑化、長期化、コストの増大といった形で跳ね返ってくる。兼ねてからその負担・期間を最小にするためのノウハウや手順を当事者に対して提供を心懸けていますが、ハードルが高くなる毎にそれも高度なものが要求されるのが実情だ。

当事者にとっては認知のみでも国籍取得が認められるのは良報である。これが私の立場ではあるが、だからと言って安易に種を蒔いて貰って国籍の安売りが横行するとすれば、これも問題だ。とはいえネット上での反対論の多くのベースには昔の偏狭な国粋主義の匂いも鼻につく。それは多くの論者が某防衛省トップの歴史認識と変わらない事でも伺われることだ。一例だけを言えば私は南京(大)虐殺はあったと思う。しかし他方で当時の帝国主義諸国は同程度以上の虐殺を世界中で行い、今でもイラク、アフガン、イスラエル周辺等、世界中で見られる現象である。つまり戦争や侵略行為では普遍的に見られる現象なのだ。そういった認識を踏まえ、周辺諸国に奢らず、へりくだらず、対等に付き合っていく事が望まれる。

この国籍法改正、できるだけの早期改正を望むが、やはり充分な審議を行い、拙速な改正は避けるべきだろう。最高裁判断を受けての当事者の救済を行いながら、少なくとも疑わしいケースにおいてはDNA鑑定(当事者負担)の実施、経緯書等の吟味や不正取り締まりの強化、海外を含むブローカーの根絶といった施策により、違法当事者へは可能な限り日本国籍取得をコスト高にして当該ビジネスを割の合わないビジネスとするしかないように思えます。
posted by Asukal at 16:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 国際人流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

フィリピンコミュニティIFFIK

第22回 大野遊祭が高槻市で今日開催された。多文化共生の祭典としては全国でも先駆けのイベントだろう。高槻市には既に30ヶ国以上の市民が在住している。今回採り上げるのはフィリピン人市民が中心となったIFFIK、主に高槻市・枚方市の当事者が集まる市民団体です。毎回ブースや踊りを披露してくれます。                     
DSC00021.JPG

今回の大野遊祭でも大いに彩りを加えてくれたIFFIKの皆さん。高槻市には既に30ヶ国以上の市民が在住し、数では歴史的経緯からもコリア系市民が多いのですが、近年増加して2位となった中国からの市民に続く規模となっています。IFFIKは地域の各種イベントに活発に参加しています。

DSC00028.JPG
こちらは御存じの方も多いと思いますがバンブーダンス。出し物によって衣装も異なります。恐らく踊りのある各地方の装束が異なるためでしょうね。

DSC00030.JPG
大野遊祭のメインイベント?の七輪を囲んだ交流焼き肉会の様子です。

DSC00019.JPG
IFFIKのブース。右側の緑のバナナ、よく売ってるバナナとは違う品種ですがフィリピンではポピュラーなバナナで、料理なんかにも使われます。

DSC00018.JPG
開会に当たっては地域選出の辻本清美さんが挨拶されました。

大野遊祭では他にも中国コマ、韓国の踊り、沖縄・奄美の舞踊、国内の演歌やひょうきんなドジョウすくい、などなど、多彩な演芸・舞踊が披露されました。今年見逃した皆さん、来年も今頃の開催となりますので是非お越し下さいね。

posted by Asukal at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

朝鮮学校関連の公開(交流)行事

こうのすけさんから「転載歓迎」で頂いた情報です。(^^)ありがとうございました。

朝鮮学校関連行事のご案内をお送りします。朝鮮学校を身近に知るいい機会です。是非お出かけになって下さい。

■北大阪朝鮮初中級学校「公開授業&バザー」
日 時:10月26日(日)9:00〜午後【入場無料】
場 所:北大阪朝鮮初中級学校(大阪市東淀川区大隅1−5−19)
       阪急京都線「上新庄駅」・地下鉄今里筋線「瑞光4丁目駅」下車
内 容:公開授業(9:00〜10:40)1・2時限
    バザー(11:00〜)    
    子どもゲームコーナー(アプロハムケ北大阪・アボヂ会)
    売店(オモニ会)
       焼肉・焼きそば・おでん・ビール・マッコルリ・ジュースほか
    手作り・リサイクルコーナー(掘り出し物がいっぱい!)
主 催:北大阪朝鮮初中級学校 06−6328−6794
    アプロハムケ北大阪(北大阪朝鮮初中級学校を支える会)
学校ブログ:http://www.kitaosaka-pukse.com/

■大阪朝鮮第四初級学校「公開授業・交流会」
 民族学校ってどんなところか、まず一度知ってみませんか? 色々聞くよりまず自分の目で見て理解してほしいと、公開授業と交流会を企画しました。子どもたちの歌や踊り、美味しい昼食も用意しています。多くの方の参加を心からお待ちしています。

日 時:11月8日(土)9:20〜受付開始
場 所:大阪朝鮮第四初級学校(JR桃谷駅から徒歩約12分)
       大阪市生野区桃谷4−9−22 06−6712−8833
参加費:無料(どなたでもご参加ください)。
プログラム 
    9:50〜11:40 公開授業
   12:00〜12:30 子どもたちによる歌踊り公演
   12:30〜13:00 朝鮮学校ってどんなとこ?質疑応答
   13:15〜13:50 昼食会
   14:00〜15:00 大阪聖和教会にて交流会
共 催:日本キリスト教団大阪教区日韓宣教協力小委員会
    チョソンハッキョを楽しく支える生野の会
    大阪朝鮮第四初級学校 http://www.osakadai4.com/
連絡先:06−6712−1424(長崎さん)

■大阪福島朝鮮初級学校「創立60周年同胞大祭典」記念式典・連合同窓会
日 時:11月9日(日)11:00〜【入場無料】
場 所:大阪福島朝鮮初級学校(大阪市西淀川区姫島6−2−3)
      阪神本線「姫島駅」・西大阪線「福駅」下車
内 容:1部 記念式典、2部 祝賀宴
主 催:大阪福島朝鮮初級学校創立60周年記念事業実行委員会
        http://www.o-fuku.com/  06−6473−8487

●「朝鮮統一支持運動」第26回全国<大阪>集会
        〜東北アジアの平和と繁栄.日朝国交正常化を目指す!〜
日 時:10月25日(土)12:30〜受付、13:00開始
場 所:浪速人権文化センター2階小ホール
        http://www.ochra.or.jp/jinbun/naniwa/index.html
参加費:500円(資料代)
内 容:第一部 あいさつ、基調報告
    第二部 講演会 @南北統一:崔錫龍(統一評論社社長)
            A朝米、朝日関係:鎌倉孝夫(埼玉大学教授)
             日本各地の日朝友好運動の取り組み報告など
主 催:同実行委員会(問合せ:朝鮮統一支持運動事務局 090-3514-4409)
                        たくさんご参加ください!

こうのすけ拝
090−9882−1663 06−6328−1073
masipon@nifty.com
コリアン・マイノリティ研究会
http://white.ap.teacup.com/korminor/
posted by Asukal at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

第22回 大野遊祭の御案内

高槻むくげの会から「転載自由」で受け取ったイベントの御案内です。今度で22回目を数える「大野遊祭」多文化共生イベントとしては草分けの恒例行事。特に昼の焼き肉パーティは多数の七輪を囲んだ大規模なもので、多くの市民団体や外国人団体が集まります。民族衣装で飾った各国の歌や舞踊、さらに沖縄や奄美など、いまだに「単一民族」論が飛び出す中で、我が国も従来から「多民族」なのだと思わされます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第22回 大野遊祭 −マイノリティの熱い風−
日時:11/2(日)10時〜15時
場所:あくあぴあ芥川(雨天ー南平台小学校体育館)
参加費:大人1000円 小中学生300円 幼児無料

 第1部 10時〜12時<民族の歌と踊り>
     韓国・朝鮮 チャング演奏
     沖縄 エイサー 琉球舞踊
     フィリピン バンブーダンス 他

 第2部 12時〜15時<大焼肉交流会>
     フィナーレ 農楽 みんなで踊ろう!

主催 大野遊祭実行委員会
後援 (財)大阪府国際交流財団
問い合わせ  (072)671−1239
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

毎年家族で参加していますが、色とりどりの踊りや歌だけでなく、会場にはコリア・フィリピン、中国ほか各国の料理などのブースも並びます。また昨年は風船のパフォーマンスなど、子ども達は何度も並んでいました。昔は高槻市も協賛していましたが、今は離れ、しかも昨年は場所を変えた別の行事をぶつけてきたり、外国人市民との距離感を感じないわけには行きません。皆さん方多数のご参加をお待ち申し上げます。

Untitled.JPG
Google画像から、施設はストリートビューでも確認できます。

交通】市営バスJR高槻駅北  5番乗り場 平安女学院・関西大学行きで南平台小学校前下車/JR富田駅 1番乗り場 奈佐原行きで北南平台下車
posted by Asukal at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

第3回「マイノリティ教育権訴訟」公判

高槻むくげの会からのお知らせです。
(以下転送、転載歓迎)

高槻マイノリティ教育権訴訟、高裁第3回裁判期日「結審」(予定)
が決まりました!
傍聴よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日時:2008年10月7日(火)、10時〜
場所:大阪地方(高等)裁判所 別館8階82号法廷
 ※裁判終了後、弁護士会館にて報告集会を行いますので是非ご参加ください。
連絡先:高槻マイノリティ教育権訴訟支援協議会
    電話:072-671-1239  Eメール:mukuge@jnb.odn.ne.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
高槻市が外国人子ども会を廃止・縮小したことは、国際人権条約に定められている「マイノリティが自身の文化を学ぶ権利」を奪うものだとして、50人の外国にルーツを持つ小中学生が原告となり子ども会活動の存続を求めて裁判で闘い続けてきました。

 しかし1審の大阪地方裁判所の判決は「原告らの請求をいずれも棄却する」という内容で、本当に悔しい思いをしました。

 控訴審では、更に学者の先生方に意見書を書いて頂き、裁判を進めています。今回「結審」確定ではありませんが、予定になっています。ぜひともたくさんの方に傍聴していただきたく思います。よろしくお願いします!

高槻マイノリティ教育権訴訟支援協議会
電話:072-671-1239  Eメール:mukuge@jnb.odn.ne.jp
posted by Asukal at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

厚労省人口動態調査

厚生労働省から9/3日に発表された統計資料から、日本全体に占める婚姻と出生の国際化比率(国際結婚比率)は現在、およそ婚姻で5.5%,出生で2.4%を占めます。さらに、外国人カップルの婚姻と出生を加えると、婚姻は6%、出生では3.6%に跳ね上がります。もちろん、これは全国平均ですから、地域によっては20%を越えます。この比率は様々な施策を行う上でも無視できない比率だと言えるでしょう。

夫妻の国籍別にみた婚姻件数の年次推移http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii07/marr2.html

父母の国籍別にみた出生数の年次推移
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii07/brth8.html

日本における外国人の人口動態
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei07/betu.html

20年前と比べれば倍増の勢い、特に中国、南米、フィリピンが目立ちます。また外国人同士の婚姻における出生率の高さも目立ちます。私が妻と同居を始めたH7年当時だと国際結婚比率で3.4%程度でしたが、まだ当時の小学校には外国から来た「渡日」の子供の前例が無く、初めての子供になりました。その後2名の息子達が生まれ、彼らが行った保育園には既にフィリピン人の母親の子供が2名在籍していました。その後、長男が初めてだった小学校には同じくフィリピンからの渡日の子が数名、日本生まれの子供が全校生徒約450名中20名程度を数えるまでになりました。

動態比率としてもこれだけを占める以上、そういった当事者にフォーカスした政策が益々必要になるのではないでしょうか。そういった多国籍の子ども達に独自の教育を受ける権利を認めて欲しいというマイノリティ教育権訴訟を「高槻むくげの会」から提訴しています。これは高槻市が奥本市長となってから、当事者を対象とした同会の「子供会事業」を縮小・廃止を断行するという、内なる国際化という中・長期的な潮流を無視した政策を続けているためです。そしてその代替として小学校に英語指導の補佐教員を置いて英語指導を行ったり、外国人研修生を呼んで国際理解教育を行うといった施策に当時の子供会予算の10倍以上を充てています。しかしこれらは全くの詭弁で、日本語を先ず理解しなければならない、渡日マイノリティにとって、この国際理解教育は全く役に立たないことは明らかです。また国際結婚での大多数を占める「母親が外国人」の場合でも、父親が働いている昼間など、日本語に接する機会が無かったり、母親が日本語を理解しないといった環境から、家庭教育が行いにくいという傾向も認められます。

複数の国にルーツを持つ子供の親という当事者の立場から、子ども達にはダブルのアイデンティティとその出自に誇りを持って育って欲しいと思います。
posted by Asukal at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

第一回口頭弁論のお知らせ

高槻市議会議員・会派の政務調査費支出の杜撰さから、去る3/31日に市当局へ出した監査請求が却下され、その後提訴した「政務調査費返還請求訴訟」(住民訴訟)、週末に被告側弁護人から「答弁書」を受け取った。当然ながら提訴の棄却を求める内容でした。

第一回口頭弁論は来週の木曜、7/10日の午前10時15分、大阪地裁第7民事部806号法廷(本館8F)です。お時間のある方の傍聴を歓迎致します。

答弁書を受け取ったのは週末金曜の夜、相手方弁護人の事務所からの普通郵便だった。消印は7/3日で同封の「送付書」には日付とサイン、捺印の上、弁護人と裁判所へ返送とある。返信用の切手を貼った封筒も無い。思えば提訴の時は相手方用の副本に配達(内容)証明付きの書留郵券代を負担した。なにか相手は「こんな事件に10円も余計に使いたくない」というような意思を感じるのだが、これが普通なのだろうか?

口頭弁論前の答弁書の内容に関しては詳述は控えますが、提訴前に行った市への監査請求、これが却下になったための提訴にも関わらず、相手側の主張は「市が却下したのだから提訴の要件を満たしていない」(だから却下を求める)といった内容、これでは議論が噛み合わないというか、話になりません。市への監査請求でも「決定に不服なら決定後30日以内に不服訴訟を提訴できる」という断りがありました。

また議員・会派の政務調査費は適正に支出されているとの主張もありましたが、こちらの主張では政務調査費収支報告書からだけでも不明瞭な、または通常経費(あるいは案分)と考えられる支出が認められます。この証明は最終的にはその細目を領収書と付き合わせた精査が必要であり、各議員・会派がその提出を拒んでいる現在、被告側または司法側がその提出を求め、原告側も交えてその精査を行い結論を得る必要があるでしょう。

つい最近でも議会から元議長職まで務めた現職議員の逮捕がありましたが、それだからこそ議員は公人、選良としての見識を示して頂きたいものです。
posted by Asukal at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

インターネット学習塾

こんにちわ。

普段は広告記事は余り書かないのですが、現代技術を使った画期的な教育システムとして、インターネット学習塾を紹介したい。



確かに「今」となっては誰でも思い付きそうな事ですけど、このシステムをまだインターネットが全然珍しい時代(WIN95)にフロッピー2枚のシステムで始めたらしい・・。その後ソフトは進化を続け、20万ページだったか、紙にすると数メートルになる学習量!しかも今もなお進化を続けているらしい・・。この分野、仮に大手が莫大な資金を掛けて追い付こうとしても、形式的には可能かも知れませんが、やはり数年以上の歳月を掛けて構築・改良されたソフトの優位性は変わらず、こうなればインターネット学習分野においてはほぼ先行者としての地位を築き上げつつある・・と言えるかも知れません。

それから、先に「画期的」との表現をしましたが、このリモート学習の利点は必要な単元(無学年)から始められ、海外から渡日した子ども達の学習手段として極めて優れたものだということです。これにSkypeを併用して英語または子供の母語での指導が行えれば、かなり効果的なのではないかと思います。また地域的にも離散した当事者を繋ぐ手段としてのネットの存在も大きいです。こういった観点から、インターネット学習塾の紹介を行いました。お子様をお持ちの皆さんには一度、サイトを訪れてみて、ソフトの無料DLなど、行ってみられると如何でしょうか。
posted by Asukal at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ここがヘン!高槻市の外国人教育

先日、高槻市の教育委員会、「市外教」(高槻市在日教育研究協議会)主催の「春の交流会」が市内中学の体育館で催された。この行事は例年5月の後半に行われる。そこで今年も「むくげの会」担当の市職員の方が「市外教」からの要請で司会進行役として出席された。例年彼女が出席するのは、日頃「むくげ」の子供会、学習会に来る子ども達が多数参加することと、この分野での交流実務を日常的にこなしている・・という実績のためだろう。

交流会は市内各地の小中学から教員に引率されて来た子ども達がゲームや自己紹介、学校での多文化共生への取り組みの紹介から、それらの中での「良かったこと」の話になった。

事件はここで発生した。多くの「むくげ」関係の子ども達(韓国・朝鮮、フィリピン他)が「むくげの子供会が良かった」「縮小されて残念」という意見が出て、日頃子ども達と接する職員が相づちを打って「そうやなぁ、残念や」と発言したことで市外教の担当者が「職員が市の悪口を言うのはなんなんや!」と激怒、場は一時険悪な雰囲気に・・。

実際の所、この奥本市政になってからは「多文化共生教育事業」は縮小の一途、学校子供会も無くなり広い高槻市内に中央と後2ヶ所を残すのみで、増大する渡日やダブルの子ども達を充分に受け止める体制とはほど遠い状況です。ピンポイントの企画より、重要なのは日常の学習を保証する事です。そのためにも学校を中心に、市内各所に学校子供会を復活し、彼ら当事者が集まる場所を確保する必要があります。多文化共生教育権訴訟では、この点でも市の失政を追及しています。

まあ市の悪口など、同じ職員の労働組合員など、普段から言ってますけど、子ども達から出た意見に肯定的に応えただけで激怒する上司は一体何処を見て言ってるのでしょう?また「○○中学の校長も激怒している」という話が出たようです。引率の教師が校長に「上申」したようで、この教師も見るところを完全に誤っていると思います。方や某学校では中国からの渡日の子供が授業中も机にうつ伏せたままで放置されているという情報があり、先の職員の方が中国語の話せる子ども達と一緒に家庭訪問してくれ、その子供と話す機会を随時持てるようになったようです。家が少し遠いのですが、今後「むくげ子供会」の学習会に参加してくれると良いですね。当事者に本当に必要なのは、そういった日常的・継続的な取り組みなのです。

「スポット企画」でやってる積もりになるな!今回市に言いたいのはそういう事です。
posted by Asukal at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。