2008年04月22日

高槻むくげの会学習会のお知らせ

2008多文化共生教育を考える連続講座.doc

高槻むくげの会からのお知らせです!(転送、転載歓迎)

みなさん、こんにちは!
新しい年度が始まりました。みなさま方におかれましては如何
お過ごしでしょうか。
今年度第1回の学習会を行います。
 日時− 2008年4月25日(金) 午後6時半〜
 場所ー 高槻むくげの会
     高槻市城内町1−35 (072)671−1239

 内容− 在日韓国・朝鮮人教育の「過去」「現在」「未来」を語る
    〜コリアNGOセンター事務局長 金光敏さんを迎えて〜
   
   ☆ぜひ、参加」してください

「高槻マイノリティ教育権訴訟」控訴審の第1回期日が確定しました。
2008年6月3日(火)10時〜別館八階82号法廷
よろしくお願いします。
posted by Asukal at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

交流お花見会

先週末ですが、地域の高齢者の方々、多国籍市民の方々、高槻むくげの会のボランティアの皆さん共々で、市内山間にある桜公園でお花見会を行いました。挨拶されているのは代表の李敬宰(い・きょんじぇ)氏です。
PAP_0143.JPG

外国人市民、高齢者を交えた交流の花見、花は満開を過ぎてしまいましたが宴は歌も交えて盛り上がりました。多文化共生は国境のボーダレスだけでなく世代のボーダレス、外国人、高齢者、障害者などマイノリティにもやさしい街づくりが益々求められています。
PAP_0142.JPG
posted by Asukal at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

6年目の危機

国際結婚の全体では恐らく8割近い数を占めると思われる近隣アジア諸国との間の場合、もっとも大変なのが本邦の在留資格の取得でしょう。ですから、その山場を越えたら「やれやれ」という気持ちになるものです。実は結婚全てに言えると思いますが、その後の方がもっと大変。以前は「国際結婚(特に日比)は離婚率が高い」と言われていましたが、最近では日比の離婚率は40.4%、これは日本人同士の37.5%と比べても必ずしも有意差があるレベルでは無さそうです。寧ろ双方の合意で偽装した後の離婚も含まれるとすれば通常のケースでは差はないと言えそうです。

↓参考文献
http://www.hurights.or.jp/newsletter/J_NL/069/03.html

そんな中で、大体5,6年目ってのが成田離婚除けば最大の節目でしょうか?ウチも同じ頃は救急車やパトカーの世話になったりで酷かったです。

最近も知り合いの知り合い(面識無し)から緊急電話相談がありました。比人妻の被害妄想傾向が酷くなり、子供に暴力を振るうわ、職場にバンバン電話されて職場も辟易するわ、自分も仕事が出来ないと悩んで「離婚しようと思う」って内容でした。当人は40台中頃、結婚後6年で連れ子の長男が今度中学、下の子供が幼児と小1になったばかりで、思い起こせばウチの5,6年前とそっくりな状況みたいでした(汗)

ですから「今を乗り越えたら何とかなりまっせ!」という話と「近いうちに遊びにおいで」と話しておきました。まあ、経験的には配偶者に「第三者からの特別な働きかけ」が無い場合は日本人側の対応次第で何とかなると思ってます。

それにしてもこの5、6年目の話は多いので、該当する方は注意して欲しいです。多文化共生の国づくりは多文化共生の地域つくりから、そして多文化共生の家庭作りなんだなぁ〜と思います。
posted by Asukal at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。