2008年09月22日

第3回「マイノリティ教育権訴訟」公判

高槻むくげの会からのお知らせです。
(以下転送、転載歓迎)

高槻マイノリティ教育権訴訟、高裁第3回裁判期日「結審」(予定)
が決まりました!
傍聴よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日時:2008年10月7日(火)、10時〜
場所:大阪地方(高等)裁判所 別館8階82号法廷
 ※裁判終了後、弁護士会館にて報告集会を行いますので是非ご参加ください。
連絡先:高槻マイノリティ教育権訴訟支援協議会
    電話:072-671-1239  Eメール:mukuge@jnb.odn.ne.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
高槻市が外国人子ども会を廃止・縮小したことは、国際人権条約に定められている「マイノリティが自身の文化を学ぶ権利」を奪うものだとして、50人の外国にルーツを持つ小中学生が原告となり子ども会活動の存続を求めて裁判で闘い続けてきました。

 しかし1審の大阪地方裁判所の判決は「原告らの請求をいずれも棄却する」という内容で、本当に悔しい思いをしました。

 控訴審では、更に学者の先生方に意見書を書いて頂き、裁判を進めています。今回「結審」確定ではありませんが、予定になっています。ぜひともたくさんの方に傍聴していただきたく思います。よろしくお願いします!

高槻マイノリティ教育権訴訟支援協議会
電話:072-671-1239  Eメール:mukuge@jnb.odn.ne.jp
posted by Asukal at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。